40代女性

症状

腰痛 顔の歪み気にされる

治療内容

フェイスの治療 小顔小頭調整 頭蓋骨調整

来院回数

複数回

治療
初回

散歩中に当院の旗をみかけ、ネットで調べられお越し頂きました。

ぎっくり腰の様な状態になってしまい、家事をされるのが大変とのこと。中腰で力を入れることができなくなってしまったそうです。

もともと腰痛があり、尾骨も痛むとのこと。

 

 

 

まずは検査で

前屈⇒腰のはり、違和感あり

後屈⇒腰の痛み 不安感

 

当院の歪みを診る検査器具

前後の重心を確かめるため検査器具にのってもらうと、

患者様

「倒しても痛くない!」

とのこと。

重心は後ろ重心

さらに左右の傾きを確認

左足+2.5センチの高さで前屈

患者様

「さっきより楽に倒れる!体も柔らかくなった!」

とのこと。

「それは体が良くなったわけではないですよ(笑)。体が歪んでいる証拠です。」

患者様

「そうなんですね(笑)」

 

 

 

 

頭蓋の調整を中心的に行ない、全身の調整。

施術後前屈、後屈して頂くと

患者数

「痛くない!まだ不安は残るけどうごかせる!」

患者様

「頭の治療とかしてましたけど、これって顔も変わるんですか?」

「できますよ。次回されてみますか?」

患者様

「やってみたいです!」

 

2回目

「腰の状態はどうですか?」

患者様

「まだ少し痛いですけど、前より大分いいです。」

とのこと。

その日は前回のご要望があったフェイスの治療を行ないました。

 

 

 

 

 

検査

前屈⇒違和感なし

後屈⇒少し腰に違和感

フェイスの確認

・右目小さい

・頬骨右目が下がる

・顎のライン 右による

・左右の肌 右の肌に緊張あり(本人も確認済み)

顔の大きさの確認

頭の大きさの確認するために帽子で測定

 

治療はフェイス、頭蓋骨、背骨の調整を行ないました。

フェイスの確認

「左右の目の開き具合どうですか?」

患者様

「右目が開いてる!」

「頬骨の高さどうですか?」

患者様

「一緒ぐらいですね!」

「アゴのラインどうですか?」

患者様

「真ん中によってる!肌の動きもさっきよりいいですね!」

「顔もさっきよりはりがあっていい感じです!」

「帽子はきつくなりましたね。」

「では座ったまま治療しますね」

浄化水整体を行ない。

患者様

「さっきより緩くなってる!」

「頭が小さくなったのでゆるくなったんですね。」

「前屈もしてみましょうか」

患者様

「痛くない!さっきより楽です。」

「不思議な治療ですね。友達に紹介する時に伝えにくかったです。」

「そうですよね(笑)。私も説明し辛いです」

患者様

「ですよね(笑)」

 

次回のご予約をとって帰られました。