腰痛は日本人の4人に1人が腰痛もちで、8割り以上の方が腰痛の経験があると言われています。

日本人にとって腰痛は国民病とも言えるでしょう。

 

 

 

 

その腰痛の原因は、一般的に聞くのは

・筋肉のはり

・椎間板ヘルニアなどの神経による痛み

などが一般的ではないでしょうか?

今までの治療では

・腰へのマッサージ

・湿布、塗り薬

などが大半ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

それらの治療でも今までは症状は改善しました。

ですがこの治療では根本の改善へとは至らないのです。

上記の治療をして、

・痛みはとれたけど、また痛くなった

・さらに強い痛みがでた

・痛みを繰り返しなかなかとれない

などでお悩みではないでしょうか?

これらの症状を改善するためには根本の原因を解決する必要があります!

 

 

 

 

 

腰痛の根本の原因の一つとして、手の使い方が関わってきます。

なぜ手の使い方が関わるかというと、これには広背筋という筋肉が関わってきます。

あまり知られてはいませんが腰痛の原因と言われているのが広背筋です。

 

 

 

 

この広背筋は背中のなかでは大きな筋肉で、

・姿勢保持

・手(上肢)の動き

などに大きく関わりをもちます。

 

 

 

この広背筋が緊張することで、

・猫背になる

・肩が前にはいり巻き肩になる

・手が挙がらなくなる

などの症状を引き起こします。

これらが起こることで、姿勢不良・可動域の制限がかかることで腰痛を引き起こします。

 

 

 

当院では腰痛に対して、当院独自の療法と、ストレッチなどのケア方法をご提供しております!

腰痛でお悩みの方、お気軽に当院にご相談下さい!