こんにちは😊

暖かさを感じる陽気になってきましたね!

ついこの間までは寒くて暖房やコートなどないと寒くて過ごせないほどでした。今日などは半袖でも過ごせてしまえそうな日ですね。

私の患者様でもこの気温差で体調を崩されてる方が多くみられます。

 

さて今日は「痛み」について解説したいと思います!

皆さん痛みってどうやって感じるかご存じですか?

簡単に痛みのメカニズムの解説をしたいと思います!

痛みのメカニズムは

痛みの刺激⇒背骨の神経(脊髄後角)⇒脳(視床⇒大脳皮質)へと電気信号によって伝わります。

この様に痛みは、痛みのある場所から神経を介して脳が異常な興奮を起こすことで伝わるのです。

そのため痛みのある部位のみの治療では改善しきらないのは、痛みのある部位だけでなく、背骨の神経、脳に対して治療を行わなければ、改善をはかれないのです。

 

この理論を説明するのには、幻肢痛についてお話したいと思います。

幻肢痛とは字のごとく幻の手足の痛みを感じることです。

戦後、事故の後遺症などで手足を失ってしまったかたが感じることがあります。失った手足の痛みを感じるというものです。本来感じるはずのない部分の痛みを感じてしまう原因は脳にあると言われています。

以前まであった手足を脳が覚えていて、そこに事故などで大きなストレスがかかったことにより、失った手足の痛みを脳が覚えているというふうに言われています。

これは一般の方にも起き得ることで、このため痛みのある部位のみでは、完全な痛みの改善は難しいのです。

 

当院ではこの様なことから、治療を行う際は痛みの本当の原因への治療を行なっております。

皆様の中にも

・中々体の痛みがとれない

・良くなったと思ったらまた痛くなった

などでお悩みの方はいらっしゃいませんか?

これらは神経、脳が原因の場合がございます。

当院でそのお悩み解決されませんか?

 

たした鍼灸治療院

048-598-6323

tashitchiryoin.reservation@gmail.com

 

次回は当院で行う治療方法について書きたいと思います😉